前へ
次へ

離婚をしたとき夫の厚生年金の分割は可能か

結婚は他人同士が家族になる法的な手続きになります。
これにより他人同士でも資産の相続が行われたりします。
一方離婚をすれば相続の権利は失われます。
かつて婚姻関係があったとしても、再度結婚をしない限りには相続の権利などは戻りません。
親子関係は離婚をしたとしても解消されることはありません。
離婚をするときの手続きとして、財産の分割があります。
婚姻をしてから離婚をするまでの間に築かれた資産は夫婦が共同で築いた資産とされます。
話し合いによって分割をしますが、話し合いで行えないときは裁判所などを利用しながら行います。
通常は等分に分割することが多いです。
では婚姻期間中の夫の厚生年金に関してはどんな手続きを行うかです。
専業主婦にとって、将来の夫の厚生年金は老後の生活費として重要になります。
そのため夫の厚生年金の一部は妻に受ける権利があるとされます。
無条件に妻に渡される部分と、話し合いによって受けられる部分を決める仕組みがあります。

Page Top