前へ
次へ

隣の庭木の枝が自分の敷地内に入った場合に注意する事

昔は隣のご主人が庭木の手入れをされていましたが、今は亡くなられて誰も手入れをする人がいなくなり荒れ放題となっています。
すると、我が家の敷地内に枝が入り込み邪魔になってきました。
自分の敷地内に侵入した枝だけを切る事には、問題が無いと思い切っていました。
そこに、近所の人からいくら自分の敷地内に入った枝でも、木の所有者は隣なので勝手に切ることは許されないと注意されました。
本当にそうなのか調べてみると、その通りでした。
切ってもらうことをお願いできても、勝手に切る事は民法233条1項で規定されています。
承諾なしに切ってしまい、その切り方か悪くて木の価値を下げた場合は、損害賠償請求をされる恐れもあるそうです。
知らなかった事とはいえ、私の行為は法律違反でした。
すぐに、隣に謝罪に行きました。
隣の奥さんは自分が手入れしていないのだから、こちらが悪いと言ってくれたので一安心しました。
もし、根が境界線を越えて敷地内に入ってきたときは、民法233条2項でその根を切る取る事はできると規定されています。
同じ木でも地上と地下ではこんなに扱いが違うのだと知りました。

Page Top